消費者金融のイメージ向上戦略

一般的な市民の持つ消費者金融のイメージはあまり良好ではないという実態があります。それは1980年代に表面化した、当時の消費者金融業者による過剰な取り立ての光景や、借金を重ねた人の困窮した生活がメディアで繰り返し伝えられたということが発端となっています。しかし、計画性を持って上手に利用すると、とても便利で生活をより豊かに便利なものにできるのも消費者金融の特徴です。そのためにイメージ向上のためにさまざまな戦略がとられてきています。
その一つがテレビコマーシャルの放映です。視聴者に対して大きな影響を与えるテレビコマーシャルは、イメージアップに大きく寄与します。親しみのある芸能人を起用したり、軽快な音楽や爽やかな映像によって、従来の暗さや重たさを払拭するような宣伝を流すことによって、一般の人々にとって消費者金融が身近に感じられるようになりました。またコマーシャルの最後には計画的な利用を促す注意喚起も必ず盛り込むことが規定されており、借り過ぎることの防止策も行っています。これもイメージ向上に役立っています。
また、法律の整備によって返済の催促や取り立ての方法が大きく規制され、かなりマイルドとなっていることも結果的に消費者金融のイメージを向上させることにつながっているとも言えるでしょう。
これからも消費者金融のイメージ向上戦略は継続していくものと考えられます。利用者にとってより身近で借りやすいということが周知されることを目指しています。
http://www.apaa2015.com